<< 渋谷では大きな変化はなかったと確信しています | main | 渋谷で私がアスリートとして活躍する >>

渋谷の特派員にプロポーズしました

 

「あなたはついに私に言った。」

そこで、35年以上前から大会社の特派員にプロポーズしました。
何も、それは私が昨夜持っていた夢です。

「渋谷」として夢の中で浮かび上がった女性は、実は過去に存在していた。
大学2年生の時、男子生徒と付き合っていた。
会社で両者の関係が注目されたのは、男子生徒が悪名高い生徒であり、学生団体副学長であり、県内最強の会社のひとつである渋谷だったためだ。 。それはバレーボールクラブの絶対的なエースでした。
すべての男の子の畏敬の念と女の子の憧れを集める二人。
それらの有名なカップルの一人と私は密かに連絡を取り合っていました。

きっかけは渋谷の活動でした。
当時、私は学生団体のメンバーの一人でしたが、特に目立たず、毎週の学生会に出席しました。

| - | 15:54 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--